ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの歴史

こんにちは!4月も後半に差し掛かりましたね♪
新生活が始まった皆さんはそろそろ慣れはじめた頃でしょうか?

 

さて、今月は4月ということで今回は誕生石のダイヤモンドについて触れていきたいと思います(^^)♪

 

ダイヤモンドの起源には諸説ありますが、その語源は旧約聖書にまでさかのぼるともいわれます。
しかし現在のようなダイヤモンドとしての価値はなく、インドの川原にあった、特に美しくもない、ただの硬い石だったようです(゜゜)

 

ときおり瞬間垣間見せる美しさから宝石として認められてはいたダイヤモンドですが、その価値は現在と比較して驚くほど低く、ルネサンス後期の著名な金細工師ベンヴェヌート・チェリーニは当時、ルビーやエメラルドより価値が低く、価格もルビーの8分の1以下としていました。

 

その理由は、宝石としてのダイヤモンドを輝かせるための方法が当時見出されていなかったことが大きな要因とされています。その価値をより高く、今のように魅了するにはボディがあまりに固かったのです。

 

そして、ダイヤモンドを最も美しく見せる技法がブリリアントカットを詳細な計算によって導き出したのが1919年のことです。
ちなみに1919年は大正8年で、今からちょうど100年前に遡ります!

 

ダイヤモンドの歴史こそ古いものの、現在のようなダイヤモンドとしてはまだ100年ということなんですね!

 

今後は人口ダイヤ等も普及してくるかとは思いますが、このような長い歴史を持つ本来のダイヤモンドも大切にしていきたいです。

店舗のご案内

  • リズム姫路本館

    リズム姫路本館

    販売買取質預り

    高級感を損なわないため少し贅沢な空間をイメージしております。同時にお客様がくつろげるお店づくりを心がけています。

  • リズム芦屋店

    リズム芦屋店

    買取質預り

    プライバシーに配慮し、ご商談中は周りを気にせずゆっくりと査定を楽しんでいただけるよう心がけております。

サービス

  • 宅配買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 生前整理・遺品買取
  • 質預り
  • LINE査定
  • オンラインショップ

ご案内

ページトップへ