新元号「令和」の由来、意味とは?

新元号「令和」の由来、意味とは?

こんにちは!

 

最近のテレビは令和特番が多いですね。

 

5月1日より新元号となった「令和」は「万葉集」の梅花の歌から出典され、由来は、

「時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」

です!

 

これだけではよくわからないので、分かりやすくした文がこちら↓

「時は初春しょしゅんの令よい月であり、空気は美しく、風は和やかで、

梅は鏡の前の美人が白粉おしろいで装うように花咲き、

蘭は身を飾る衣ころもに纏まとう香こうのように薫かおらせる。」

 

これまでの元号は中国の古典から出典されてきましたが、初めて日本の古典から出典されました!

そして「令」の漢字が元号に使われるのも初めてだそうです。

 

「令和」の「令」は先ほどに書きました、「令月」からきていて、

・何事をするにもよい月

・めでたい月

という意味があり、「何を始めるにも良い、おめでたい、和やかな時」という意味が「令和」に込められいるそうです。

 

安倍首相は会見にて新元号に「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

という意味を込めたと説明されたそうです。

 

これから「令和」の時代がどのようになっていくのか楽しみですね!

店舗のご案内

  • リズム姫路本館

    リズム姫路本館

    販売買取質預り

    高級感を損なわないため少し贅沢な空間をイメージしております。同時にお客様がくつろげるお店づくりを心がけています。

  • リズム芦屋店

    リズム芦屋店

    買取質預り

    プライバシーに配慮し、ご商談中は周りを気にせずゆっくりと査定を楽しんでいただけるよう心がけております。

サービス

  • 宅配買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 生前整理・遺品買取
  • 質預り
  • LINE査定
  • オンラインショップ

ご案内

ページトップへ